おすすめメニュー
スーパークイック車検 スーパーテクノ車検 スーパーセーフティ車検 ハーフマックス
究極のボディコーティング
安全・快適な走りの基本は足回りから、あなたのお車を測定&調整いたします。
安全・快適な走りの基本は足回りから、あなたのお車を測定&調整いたします。
車高やホイールの変更等、足回りに手を入れられた場合には特にアライメントの測定・調整をオススメします。
その1 ホイールアライメントについて
車は4つの車輪が適正な位置で的確に動作して、初めて本来の性能を発揮することが出来ます。
車のそれぞれのホイール(車軸)には、サスペンションによって、さまざまな方向に大小の角度がつけられています。これらの角度を適正な状態にそろえる事をホイールアライメントと言います。
トー(トーイン)・キャンバー・キャスターなどがそれです。(本来はこれらを整列させることをアライメントと呼びました。)また、アライメントの角度は、車両を使用するにあたって何らかの不具合が生じた場合に、その不具合を解消する、または低減することを目的として開発されています。
アライメントは、四輪自動車が出来るもっと以前から存在していました。(大昔に、木の車輪を使った荷車の時代にすでに開発されています。)1952年にアメリカのFMC社が世界ではじめてアライメントテスターを、世の中に送り出したことからわかるように、世界では古くからアライメント作業は一般的に行われています。そして、現在の日本でも自動車を正常に走行させるために、アライメント作業が一般的に行われています。車は4つの車輪が適正な位置で的確に動作して、初めて本来の性能を発揮することが出来ます。そこで、四輪トータルのホイールアライメントの測定が必要になってくるわけです。
四輪のトータルホイールアライメントとは?
単純に考えれば、自動車はハンドル(前輪)によって操舵されます。しかし、推進方向/進んでいく方法(スラストライン)には、その車がFF車であってもFR車であってもリアアスクル(後軸)により決定されます。
幾何学中心線 自動車を左右真っ二つに分けるセンターラインがあるとします。リアアスクルが、正しい方向にセットされていれば、車の進む方向(スラストライン)はこのセンターラインと一致します。
しかし、もしリアのアスクルの方向が正しくない左右どちらかにセットされていれば、車の進む方向(スラストライン)はセンターラインを外れ、ずれている方向に進みます。フォークリフト(後輪操舵の車両)をイメージしてもらえば理解しやすいかと思います。この、進む方向「スラストライン」を測定・調整することを、四輪のトータルアライメントと呼んでいます。
その2 アライメントの種類について
アライメントの測定・調整方法にもいくつかの種類があります。
・各角度個別のアライメント
トータルトー前輪・後輪(トーインゲージ)1mm単位で測定するので、精度的に不正確。トータルトーのみしか測定できないので、車両直進状態に対してのハンドルのセンターを出せません。
・フロントホイールアライメント
車両のジオメトリックセンターライン(幾何学的中心線)を基準として、前輪のトーを測定・調整する方法。この方法が従来使用されてきた方法であり、後輪が幾何学的中心線に対して直角に取り付けられていれば満足できるアライメントを提供することが可能です。
しかし、もし車両の後輪が幾何学的中心線と異なるスラストラインを形成している場合、フロントエンドのステアリング系のセンターが狂うので、車両直進状態に対してのハンドルのセンターは出せません。
・4ホイールスラストラインアライメント
後輪で決定されるスラストラインを基準に前輪のアライメントを測定・調整する方法です。スラストラインアライメントでは、まず左右後輪の個々のトーを測定し、これらのトーによって形成されるスラストラインを基準線としてフロントアライメント(トー)を測定・調整する方法です。結果として車両直進状態に対して正しいハンドルのセッティングが行えます。ただし、左右ホイールのトー(前輪、後輪とも)は、車両の幾何学的中心線に対して左右対称にはなりません。したがって、スラストラインと幾何学的中心線が食い違うときには、車両が直進しているときに後方から見ると斜めに走っているように見えます。
・デラックス4ホイールアライメント
デラックス4ホイールアライメントは、現在最も進んだアライメントサービスです。まず後輪の個々のトーを(車両の幾何学的中心線に対して)測定し、次にメーカーの仕様にあわせ調整します。この調整をすることにより、後輪のスラストラインを車両の幾何学的中心線に一致させます。従って、前輪は、幾何学的中心線に一致したスラストラインを基準に測定・調整されることになります。この結果、デラックス4ホイールアライメントでは、4輪すべてを平行(幾何学的中心線に対して左右対称)な状態にセットし、直進状態におけるハンドル及びステアリング系のセンターを確保します。
その3 ホイールアライメント整備が必要なとき
1. 事故や車の仕様変更にともない、アライメントの数値(角度)が変わってしまった時 2.各サスペンションパーツの変更や、タイヤ・ホイールのサイズの変更にともない、車との状態が適切でない時
上記の内容などが原因となり、色々な不具合(タイヤの偏磨耗やステアリングのセンターのずれ、ステアリングのとられや振動など)が発生した時、または、予め予測できた時にホイールアライメントが必要となります。
ホイールアライメントはいつ狂うのか?
1.事故(縁石に軽く接触した時も含む)などで、車に衝撃があった時
2.タイヤサイズやホイールサイズの変更をした時
3.スプリングやショックなどの変更をした時
4.何らかの理由で、サスペンションパーツを固定しているボルトやナットを緩めた時
5.バネ上の重量が変わった時
6.車高が変わった時
上記の内容でなくても、車が走行を繰り返せば各パーツの劣化や磨耗からも、アライメントに狂いが出る場合もあります。
※メーカーにより各点検時(1000km・3ケ月・1年・車検)にアライメントの測定調達の義務づけを行っているところもあります。
ホイールアライメントが適切でないとどうなるのか?
車に対して、アライメントの各々の角度が適切でないと様々な不具合が発生し始めます。
大きく分けて、ハンドルのとられ・振動・タイヤの偏磨耗の3つがそれです。
また、それはドライバーにとって不快なだけでなく → 「快適性」の妨げ
車の各パーツに障害を与え、それを進行させます → 「安全性」の妨げ
タイヤの寿命を縮め、燃章の向上も望めません → 「経済性」の妨げ
この快適性・安全性・経済性を向上させる大きな鍵をアライメントは握っています。
料金ご案内
アライメント測定(4輪) 軽自動車 乗用車
アンダーボディ測定料 ¥8,640 ¥10,800
トータルアライメント測定料 ¥6,480 ¥8,640
車検ご入庫時測定料 ¥4,320 ¥6,480
追加料金 ローダウン車 プラス¥3,240 プラス¥5,400
アライメント調整(1輪) 軽自動車 乗用車
フロント トー調整 ¥3,240 ¥3,240
キャンバー調整
キャスター調整
リア トー調整 ¥3,240 ¥3,240
キャンバー調整
車検ご入庫時調整料(上記調整箇所) ¥2,160 ¥2,160
※不正改造車の入庫はご遠慮願います。
※輸入車に関してはスタッフまでにご確認くださいませ。
※特別料金が発生する場合はお見積りもいたします。
※代車貸し出し無料でございます。
予約フォーム
お名前 ※必須
ふりがな ※必須
電話番号 ※必須
メールアドレス ※必須
メーカー
車種
年式
走行距離
ご予約希望日 曜日 時頃
ご意見・ご質問
 
個人情報の取り扱いについて
古物商許可証:株式会社三浦自動車 山形県公安委員会 第659号